ABOUT

    

石橋麻衣子(いしばしまいこ)

【取得資格】 臨床心理士・公認心理師・キャリアコンサルタント(国家資格)

【略歴】 専門職大学院臨床心理学研究科臨床心理学専攻修了。情報メディア制作会社にて 20年勤務。営業・制作のほか、人事・統括では、メンタルヘルス対策、研修、採用(障がい者・中途)等の仕事に従事してきました。現在は、学校のスクールカウンセリングをはじめ、精神科クリニックの心理検査やカウンセリング、未就学児~中学生を対象に自治体の教育相談・就学相談を行っています。自身も思春期の子を持つ母親として奮闘中です。また、かたわら、「やまもとこも」というライター名で日々の生活の工夫や発見を記事にして情報発信を行っています。

【所属学会】 日本心理臨床学会 日本箱庭療法学会 日本LD学会 日本心理臨床心理士会 東京公認心理師会

すでに変化は始まっているかもしれません。

ライフステージが変化する中で、私たちの心や体には変化がつきものです。

それは、あなた自身も、子どもたちも、ご家族も同じ。それぞれのライフステージや成長だけでなく、時代や環境が変わるにともなって、それぞれの役割や価値観も変わってきています。そんな風に「じぶん」も「相手」も「環境」も変化し、親子の関係、夫婦の関係、人とのかかわり方も変わってきています。 親子のすれ違い、夫婦のこすれあい、人との摩擦は、「じぶん」「相手」「環境」といった変化による役割や価値観のズレからきているのかもしれません。また、あなたが抱えている信念や行動のスタイルは、もしかしたら幼少期にはかつて必要だったものかもしれませんが、「今」あなたが生きていく上で、手放してよいものなのかもしれません。そのように考えると、カウンセリングは、整理したり、メンテンナンスやチューニングしたりといった本来の自分とつながっていくセルフケアの時間です。

 ご相談に対して、「今、大切にしたいこと」「ご自身・相手・環境」「今起きている問題」「心身のコンディション」など、一緒に理解を深めながら、より良い道へ歩みを進めていきましょう。その一連の過程の中で、心理検査などはご希望や必要に応じてご相談しながら行います。

焦り、不安、生きづらさ、モヤモヤ感について考えたり手放したくなったりしたら、ベストなタイミングが訪れているのかもしれません。まずはちょっとした質問から、お電話やオンラインで無料ガイダンスから、という方にももちろんご対応します。ご希望の方はお問い合わせよりお知らせください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。